葉たばこ

環境負荷低減型コンテナバルク乾燥機  ECシリーズ

ECシリーズ保冷庫
ECシリーズ保冷庫

本体側面(及びマイコンバルク装置)

乾燥室内部

乾燥室内部

●環境負荷低減型コンテナバルク乾燥機の「開発コンセプト」

1)開発コンセプト
・葉たばこ乾燥機における環境負荷低減(よりよい地球環境の保全)の為に、燃料消費量を30%以上削減
(従来機比)を目標に開発しました。

2)省エネ性能
・燃料消費量を30%以上の削減が可能です。
(平成28年度 たばこ耕作資材委託試験 合格)

●環境負荷低減型コンテナバルク乾燥機の「特長」

1.断熱性能の大幅な向上

① パネル厚さを従来の25mmから42mmに変更

観測窓からの放熱を防ぐため、専用サッシならびに断熱パネルを採用

表面をカラー鉄板、内部を高密度発泡ウレタンを注入パネル枠を従来のアルミ製から樹脂製にする事で断熱性能が大幅に向上しました

② 基礎からの放熱を防ぐため、底板にも断熱パネルを採用

観測窓からの放熱を防ぐため、専用サッシならびに断熱パネルを採用

・基礎部分に奪われていた熱を大幅に削減

③ 乾燥中の熱風発生機サーモグラフィー写真※温度が高いほど赤色が強く表示されます

従来の乾燥機

従来の乾燥機
(断熱材:グラスウール)

EC型乾燥機

EC型乾燥機
断熱材:石膏ボード+発泡ウレタン

④ 観測窓からの放熱を防ぐため、専用サッシならびに断熱パネルを採用

観測窓からの放熱を防ぐため、専用サッシならびに断熱パネルを採用
2.新型マイコンバルク20型(タッチパネル式)
マイコン5型の使いやすさを継承し

更に高品質な仕上がりを目指しました
葉たばこ作りの醍醐味をもっと楽しく簡単に

新型マイコンバルク20型(タッチパネル式)
新型マイコンバルク20型(タッチパネル式)
新型マイコンバルク20型
新型マイコンバルク20型

5.7 インチ 高精彩タッチパネル採用

特徴

その1.新たに吊込条件を加えた事で、仕上がり向上を目指しました。

その2. 直感で操作できる シンプル設計

その1.新たに吊込条件を加えた事で、仕上がり向上を目指しました。
その1.新たに吊込条件を加えた事で、仕上がり向上を目指しました。

操作の手間を省き

より理想的な仕上がりへ

その2. 直感で操作できる シンプル設計

必要な情報に絞り込み

迷わず進める操作性にこだわりました

その3. うっかりミスを未然に防ぐ安心サポート

その3. うっかりミスを未然に防ぐ安心サポート

操作ミスを抑え、警報は直ちに通知

又、ダンパーの動きを最適化する新機能で

仕上がりも燃費も向上します

その4. こだわりの自分流プログラムは3通り保存

その4. こだわりの自分流プログラムは3通り保存

匠の乾燥方法も

簡単コピーで保存します

その5. 湿り過ぎの再乾燥や調湿運転も簡単スタート

その5. 湿り過ぎの再乾燥や調湿運転も簡単スタート

専用プログラムメニュー画面を設けました

迷わず一発起動でらくちんです

仕様

名称 / 型式
マイコンバルク20 / MC-0101
モニターパネルTFTカラー液晶 5.7 インチ
タッチスイッチ方式
機能/表示/設定
乾燥モード:おまかせ・マイプログラム 再乾・調湿・手動
表示/設定:メインメニュー・運転中 変更画面・時計
設定:画面タッチ設定
警報:乾球・湿球・センサ・電源 マイコン異常
3.両吸込型多翼送風機(シロッコファン)を搭載
両吸込型多翼送風機(シロッコファン)を全機種搭載

● 静音型の多翼送風機(シロッコファン)を採用従来型の軸流送風機と比べて運転音が静かです

● 三相誘導電動機については、省エネルギー基準である高効率モータ(IE2、3)に適合しています

●環境負荷低減型コンテナバルク乾燥機 外形図

① 乾燥機の各部寸法

乾燥機の各部寸法
乾燥室床面積
寸法 A
(mm)
寸法 B
(mm)
寸法 C
(mm)
6.6㎡型
(2.0坪)
3,730
3,814
4,783
8.3㎡型
(2.5坪)
4,630
4,714
5,683
9.9㎡型
(3.0坪)
5,560
5,644
6,613


③ 乾燥機の基礎寸法

レギュラースペックモデル(EC30型)
乾燥室床面積
寸法 A
(mm)
寸法 B
(mm)
寸法 C
(mm)
6.6㎡型
(2.0坪)
2,000
4,830
4,775
8.3㎡型
(2.5坪)
2,000
5,730
5,675
9.9㎡型
(3.0坪)
2,000
6,660
6,613

●仕様

型式 EC30-CUSD-100-6.6-2-P-MC
EC30-CUSD-120-8.3-2-P-MC
EC30-CUSD-120-9.9-2-P-MC



有効床面積 6.8m2 8.5m2 10.2m2
機械室有効床面積 1.1㎡

寸法(内寸)
間口×長さ×高さ


1,835×3,730×1,950mm

1,835×4,630×1,950mm

1,835×5,560×1,950mm
吊込み段数 2段
吊具名 らくらく針ラック32枠 らくらく針ラック40枠 らくらく針ラック48枠
吊込量 900kg 1,150kg 1,350kg













型式 両吸込型遠心多翼送風機(1台)
定格出力 単相200V - 750W
三相200V - 1.5kW
風量 100 ㎥/min
120 ㎥/min
静圧 単相200V 33mmAq
三相200V 40mmAq
単相200V 28mmAq
三相200V 38mmAq
電流

単相200V - 7.5A
三相200V - 5.5A

単相200V - 9.3A
三相200V - 6.3A



型式 ガンタイプバーナ
使用燃料
灯油 JIS K2203-1号
燃焼量 3.2L/H (0.85G/H)
電動機出力 200V 20W 0.35A/0.4A(60Hz/50Hz)

点火装置

1次側 200V 0.9A
2次側 15KV 23mA


制御装置

マイコンバルク(マイクロコンピュータ方式)による制御
①乾球制御:バーナによるON-OFF制御 ②湿球制御;自動ダンパによるPID制御

安全装置 プロテクトリレー及びハイリミット(液体膨張式)によるバーナ回路の遮断及び警報装置
入力合計

単相200V:1.7kW 8.8A
三相200V:1.6kW6.8A

単相200V:2.0kW 10.6A
三相200V:1.9kW 7.6A

●生葉・乾葉写真と吊込装置との互換性

生葉

・生葉


乾葉

・乾葉

・標準の吊込装置と互換性がありますので、通常通り使用が可能です。

コンテナバルク大型乾燥機

■乾燥室と熱風発生機全てを42mmパネルで断熱!従来型は25mm。

■乾燥時の燃料を30%カットできます !!

■既存基礎を利用出来るタイプを新らたに開発!

■パッキン類、塗装類を減らしています。異物混入対策に!

■使いやすいタッチパネル方式のマイコンバルクを搭載しました。

乾葉の仕上り

サンローダⅡの吊り込み

大扉正面

乾燥室内部

動力一体型!

最新タッチパネル式マイコン搭載

環境負荷低減型コンテナバルク大型乾燥機の標準仕様

型式 EC30-JCD250-13.2-2-P-MC
EC30-JCD250-16.5-2-P-MC
EC30-JCD340-20-2-P-MC



有効床面積 13.2㎡
16.5㎡
19.8㎡
機械室有効床面積 3.0㎡

寸法(内寸)
間口×長さ×高さ


(1,835×2)×3,730× 1,916mm

(1,835×2)×4,630× 1,916mm

(1,835×2)×5,560× 1,916mm
吊込み段数 2段
吊具名 らくらく針ラック 64枠
らくらく針ラック80枠 らくらく針ラック96枠
吊込量 2,000kg
2,600kg 3,100kg












型式 三相誘導電動機直結後置静翼型軸流送風機 (2台)
定格出力 三相200V-0.75kW×2
三相200V-1.5kW×2
三相200V-2.0kW×2
風量 125m3/min × 2
145m3/min × 2
180m3/min × 2
静圧 147Pa(15mmAq)
196Pa(20mmAq)
電源

三相200V―4.0A×2

三相200V―6.0A×2

三相200V―8.0A×2



型式 ガンタイプバーナ
使用燃料
灯油 JIS K2203-1号
燃焼量 5.7L/h(1.5G/h)
電動機出力 200V 40W 0.4A

点火装置

1次側 200V 0.9A
2次側 15KV 23mA


制御装置

マイコンバルク(マイクロコンピュータ方式)による制御
①乾球制御:バーナによるON-OFF制御 ②湿球制御;自動ダンパによるPID制御

安全装置 プロテクトリレー及びハイリミット(液体膨張式)によるバーナ回路の遮断及び警報装置
入力合計

送風機 三相200V : 1.5kW 8.0A
バーナ 単相200V : 0.24KW1.5A

送風機 三相200V : 3.0kW 12.0A
バーナ 単相200V : 0.24KW1.5A

送風機 三相200V : 4.0kW 16.0A
バーナ 単相200V : 0.24KW1.5A

※上記仕様は基礎利用型タイプを示し、フラット基礎型は形式の最後に(‐F)がつきます。また両吸込型遠心多翼送風機(2台)(JCSD型)もラインナップしています。

 基礎利用型タイプ…既存基礎をそのまま利用しますので基礎工事は不要です。(既存機械が単棟配置の場合可能です。)
 フラット基礎タイプ…専用の420㎜掘り下げたフラットな基礎工事を行い、1棟づつ設置していきます

※本仕様は改良のため予告なく変更することがあります。